不動産の調査・査定

ご相談後に不動産の売却を検討する際は査定をおこないます。

「このび」ではいくつかの条件を入力するだけの「簡易査定」と、より詳細な不動産情報の取得とそれに基づく価格提示を

前提とした、現地調査をおこなう「訪問査定」があります。

なぜ調査や査定をおこなうのか

売却をご検討されている不動産にどのくらいの価値があるのかを知っておくことで、売却活動がスムースに進められます。

 

 

不動産の売却価格は土地や建物はもちろん、周辺環境など様々な要素に影響を受けます。

不動産業者の査定については、これまでの知識と経験に基づき、詳細な査定をおこないます。

 

 

なお、調査や査定を依頼したからといって、必ずご売却する必要はございません。

査定結果を見てから判断できるのでお気軽にご査定をご依頼ください。

調査する内容

調査内容は下記の6つの内容に分けられます。

1.権利の調査

権利の調査とは所有権や抵当権に関する内容を調べます。

不動産のご売却でよくあるケースとして、親の実家を売却したいといった相談ケースがよくありますが、ご売却に伴いましては相続登記を行う必要があり、具体的にどう進めるかなど、専門的な知見を要するため、詳細な調査が必要となります。

ほかには貸借権や地上権、地役権などがあるケースも考えられるので都度確認させていただく必要がございます。

2.法令上の制限に関する調査

土地や建物にはさまざまな制限があります。

この制限は法令によって定められており、希望条件が達成できないことがないように調査が必要です。

 

都市計画法や建築基準法、各行政で定められている条例や協定などを確認していきます。

3.市場調査

周辺の売出物件の価格や、最近取引された事例などを調べます。

 

不動産は景気や需給などの要因によって価格が変動します。

市場調査をおこなうことで、適正な価格がいくらなのかを試算していきます。

4.現地調査

不動産会社の担当者が現地におもむき、土地や建物などを調査します。

 

建物の構造や間取り、増改築の有無などをチェックします。

また、前面道路の状況や上下水道の埋設管、駐車可能台数、境界及び越境物の有無なども調査します。

 

特に境界がはっきりしていなければトラブルに発展するおそれがあるため、土地家屋調査士の力を借り境界の明示を進めて行く場合がございます。

「このび」では専門家の知見を借りてアドバイスができるケースがございますのでお気軽にご相談ください。

 

5.周辺環境の調査

交通の利便性や商業施設までの距離などを調べます。

参考となる施設につきましては、駅、小学校校区、ショッピングセンターなどが挙げられます。

また、街路灯や街路樹の有無などの環境面も調査対象です。

査定にかかる時間や日数

簡易査定では数日で査定結果をお知らせします。

※物件の特性により査定期間は異なります。

 

 

訪問査定は現地の調査に1時間から2時間ほどかかります。

現地調査後、物件に関する法規制や道路・上下水道などのインフラの状況、地盤などの確認作業もおこなうため、時間を要します。

 

査定を依頼する不動産会社にもよりますが、査定結果をお伝えするまでに1~2週間程度かかる場合がある点をご承知おきください。

査定に必要な書類

「このび」では簡易査定と訪問査定の2種類に対応しております。

査定の種類によって必要な書類が異なります。

簡易査定

書類は不要です。

公式サイトの「簡易査定依頼」から必要事項をご記入のうえお申込みください。

訪問査定

訪問査定は以下の書類のご用意をお願いします。

書類はなくても査定はできますが、その場合はある場合に比べ時間を頂戴する可能性があります。

 

さらに正確な査定結果を知りたい方は、以下の書類があるとより正確でスムーズな査定が可能です。

査定結果が高価になる場合もある為ご検討ください。

簡易査定は
こちら!
phone

電話で
お問い合わせ

Tel:077-509-9730