離婚時の家売却に適したタイミングはいつ?売却するメリットや財産分与について解説

「離婚をする際、家をいつ売却すれば良いのか分からない」

「離婚で家を売却するのは、離婚前と離婚後のどちらが良いのか知りたい」

離婚をする時に家の売却を検討する方は多くいます。

そこで気になるのが家を売却するタイミングです。

トラブルなく家を売却するためにも、適切なタイミングを知っておくとよいでしょう。

この記事では、離婚時に家を売却する適切なタイミングについて解説していきます。

財産分与とは

家を売却するタイミングの話をする前に、財産分与について把握しておきましょう。

『財産分与』とは婚姻期間中に夫婦が築き上げてきた財産を分配することです。

離婚をする原因を作った側も、相手側に財産分与の請求が可能です。

収入の多さと分配する比率に関係性はありません。

ただし、夫婦で同意が認められた場合はその限りではありません。

片方が全額放棄することも可能です。

財産分与が認められる財産

婚姻期間中に夫婦で築き上げてきた財産の全ては財産分与が認められます。

夫婦で築き上げてきた財産のことを『共有財産』と呼びます。

共有財産として認められる財産の一例はこちらです。

  • ・預貯金
  • ・不動産
  • ・保険
  • ・家財道具

など

財産分与が認められない財産

婚姻前に保有していた財産は財産分与として認められません。

夫婦の協力なしで築き上げた財産のことを『特有財産』と呼びます。

離婚時の家売却に適したタイミング

離婚をする際に家を売却するタイミングは離婚後が適しています。

ただし、これまでの関係性や離婚する事情により異なります。

離婚前後で家を売却するケースについて、それぞれ見ていきましょう。

・離婚前
・離婚後

離婚時の家売却に適したタイミング1.離婚前

離婚前に家を売却しておけば、離婚後に相手と連絡を取り合う必要はありません。

離婚した相手と連絡を取るのはストレスが溜まります。

婚姻期間中のことを振り返りたくない方は離婚前が適しています。

離婚時の家売却に適したタイミング2.離婚後

離婚後に家を売却する場合、急いで取引をする必要はありません。

時間に余裕があるため、ご自身の希望する条件で売却できる可能性が高くなります。

今後も相手とのやり取りが必要ですが、特に抵抗がない方は離婚後の売却をおすすめします。

離婚で家を売却をするメリット2選

離婚で家を売却をするメリットはこちらの2点です。

・財産分与がしやすい
・住宅ローンの問題を解決できる

離婚で家を売却をするメリット1.財産分与がしやすい

不動産は現金のようにそのままの分配はできません。

そこで、家を売却したお金を二人で分配するのです。

売却したお金は物理的な分配ができるため、トラブルに発展する可能性が低いです。

公平な財産分与をするためにも家の売却をおすすめします。

離婚で家を売却をするメリット2.住宅ローンの問題を解決できる

住宅ローンの返済が必要な家に離婚後も住み続ける場合、住宅ローンに関する問題が生じます。

例えば母親と子供が家に残り、父親が出て行き住宅ローンを返済するとしましょう。

父親はご自身が住まないのにもかかわらず、住宅ローンの返済という負担が重くのしかかります。

そのため、住宅ローンの返済を途中で辞めてしまうかもしれません。

また離婚後も家に住んでいる母親と子供も、住宅ローンの滞納を心配しながら住むことになり安心できません。

そこで家を売却しておけば、住宅ローンの問題から解放されるのです。

さらに、もし家の売却益が手元に残るのであれば、新生活を始める資金となるでしょう。

離婚で家を売却をする際の注意点2選

離婚で家を売却をする際には下記の2つの点に注意してください。

・住宅ローンの完済が必要
・財産分与は離婚後に行うこと

離婚で家を売却をする際の注意点1.住宅ローンの完済が必要

離婚時に家を売る際は住宅ローンの完済が必要です。

もし査定額がローン残高を上回る『アンダーローン』になれば問題ありません。

しかし、ローン残高が査定額を上回る場合は『オーバーローン』となります。

オーバーローンとなった場は預貯金で支払ったり、任意売却を検討したりしましょう。

離婚で家を売却をする際の注意点2.財産分与は離婚後に行うこと

離婚で家を売却する際、財産分与は離婚後に行うことをおすすめします。

なぜなら、離婚前に財産分与をすると贈与に当たる可能性があるため、贈与税を支払う義務が生じるかもしれません。

原則的には財産分与に贈与税はかかりません。

しかし財産の額が多すぎるケースや、贈与税や相続税を免れるために離婚をしたと認められるケースでは贈与税がかかる点に注意してください。

できるだけ早く家売却をしたい方は買取がおすすめ

「とにかく早く離婚をしたい」「家を売却してから離婚をしたい」と考えている方も多いでしょう。

そのような方におすすめなのが買取です。

ここからは買取の下記の項目について説明していきます。

・買取のメリット
・買取が向いているケース

買取のメリット

家を買取してもらうメリットはこちらです。

・売却にかかる期間が短い
・契約不適合責任が免除される
・仲介手数料は不要
・内覧の対応は必要ない
・近所に知られずに売却できる
・売却後の資金計画を立てやすい
・築年数が経過している不動産も売却できる

買取はとにかくスピーディな取引が特徴です。

早ければ数日、遅くても1か月程度で手続きが完了するため、家の売却を急いでいる方におすすめです。

また買取は仲介のように販売活動をしません。

近所に知られずに売却できる点もメリットです。

買取のメリットはこちらの記事で詳しく解説しています。

不動産買取のメリット・デメリットは?買取に向いている不動産の特徴を解説

買取が向いているケース

買取が向いているケースはこちらです。

・できるだけ早く不動産を売却したい
・売却に手間や時間をかけたくない
・売却後に買主との間でトラブルになりたくない
・近所に知られずに不動産を売却したい
・仲介手数料を負担したくない
・築年数が経過している不動産を売却したい
・事故物件や人気のない地域の不動産を保有している
・仲介で買主が見つからない

離婚には多大なエネルギーが必要です。

また財産分与をはじめ、親権や養育費等様々な条件を決めていかなければなりません。

そのような中で家を売却するのは非常に大変でしょう。

買取なら仲介と比較すると手間や時間をかけずに売却できるため、売主の負担が少ないです。

また不動産会社が買主となるので、家を売却した後のトラブルの心配もありません。

まとめ

離婚をする際、家を売却するタイミングは離婚後が望ましいです。
離婚後に家を売却すれば時間に余裕があるため、ご自身の希望する条件で売却できる可能性が高まります。

ただし、これまでの関係性や離婚する事情により異なるため、あくまでも目安として考えておいてください。
どちらにせよ、できるだけ早いタイミングで不動産会社に相談することが重要です。

不動産売却をご検討であれば、このびにおまかせください。

このびは『株式会社JR西日本イノベーションズ』が運営する不動産の買取再販サービスです。
このびでは戸建に特化しており、様々な不動産の買取を行います。
不動産売却に関するご相談を受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

本記事の監修

戸建買取再販事業部 事業部長福田岳司

JR西日本に入社後、大阪駅での駅員を経て百貨店に出向し商売の基本と接客を学ぶ。その後三ノ宮駅の駅ビル開発計画推進を通じて不動産とまちづくりに従事。一度は海外で働きたいという想いからシンガポールに赴任。東南アジア各国で外国人向けJR西日本パスの販売を促進。現地法に基づく組織運営を学ぶ。帰国後はJR西日本イノベーションズ(現在)にて香港企業への出資や新規事業創出を担当。新規事業の第1号案件である「このび」を立上げたうえで事業統括・推進。自分も中古住宅をリノベーションした家に住む。「このび」を通じてお客様に豊かな生活をコスパ良く提供したいと考えている。子育て真っ盛りの2児の父。趣味は演劇。

簡易査定は
こちら!
phone

電話で
お問い合わせ

お電話の前にご確認ください。
以下の物件はお取り扱いできません。

  • 大津市・草津市・栗東市・守山市以外の物件
  • マンション
  • 店舗付き住宅
  • 土地(畑・山・竹林等)
  • 1981年以前に建築された物件

お問い合わせ窓口

077-509-9730

(営業時間:9:00 ~ 18:00   定休日:日・月曜日)

電話をかける