抵当権とは?内容や抹消手続きの方法、抵当権付きの不動産の相続について解説

不動産売買を検討している際に『抵当権』という文字を目にしたことはありませんか。

抵当権は不動産売買においてよく聞かれる文字ですが、詳しく知らない方も多いでしょう。

そこで、この記事では抵当権の内容や抹消手続きの方法、抵当権付きの不動産の相続などについて解説していきます。

抵当権とは

抵当権とは住宅ローンを組む際、金融機関が購入対象の不動産を担保とする権利のことです。

金融機関は住宅ローンを借りる方が返済できなくなった時のリスクヘッジとして、抵当権を設定します。

抵当権を設定する有担保の住宅ローンが一般的ですが、抵当権の設定を必要としない無担保ローンもあります。

無担保ローンは抵当権を設定する必要はありません。

ただし借入可能額が少ない、返済期間が短いなどの特徴があります。

抵当権の抹消手続きの方法

住宅ローンを完済した後は、抵当権の抹消手続きを行います。

自動的に抵当権が抹消できる訳ではありません。

抵当権を抹消する方法は下記の2つです。

・司法書士に依頼する
・自分で手続きを行う

それぞれの方法について解説していきます。

抵当権の抹消手続きの方法1.司法書士に依頼する

抵当権の抹消手続きは司法書士に依頼する方法が一般的です。

抵当権の抹消手続きには専門的な知識が必要です。

そのため、専門家に依頼すれば時間や手間をかけることなく抵当権を抹消できます。

知り合いの司法書士がいれば抵当権の抹消手続きを依頼してみましょう。

もし知り合いの司法書士がいなければ、金融機関や不動産会社から紹介してもらえます。

抵当権の抹消手続きの方法2.自分で手続きを行う

抵当権の抹消手続きは自分で行うことも可能です。

抵当権の抹消手続きを自分で行う場合の手順はこちらです。

1.必要書類を確認する
2.管轄の法務局を調べる
3.抵当権抹消登記申請書を作成する
4.法務局へ申請する

抵当権抹消登記申請書は法務局の公式サイトからダウンロードできます。

また、抵当権抹消登記申請書の記載例も公開されているので、参考にしつつ作成しましょう。

分からないことがあれば法務局の担当者に相談できます。

確実に手続きを行うためにも、アドバイスを受けるとよいでしょう。

抵当権の抹消手続きにかかる費用

抵当権の抹消手続きにかかる費用はこちらです。

内容費用
登録免許税不動産一個につき1,000円
司法書士に支払う報酬10,000円~30,000円

抵当権の抹消手続きを自分で行う場合は、司法書士に支払う報酬は不要です。

1万円から3万円ほどのコストカットとなります。

抵当権付きの不動産の相続や売却はできるのか

「抵当権付きの不動産の相続や売却はできるのか?」という質問は多く寄せられます。

ここからは、抵当権が付いている不動産の相続や売却について解説していきます。

・抵当権付きの不動産の相続は可能
・抵当権付きの不動産の売却は抵当権抹消後に可能

抵当権付きの不動産の相続は可能

抵当権付きの不動産の相続は可能です。

しかし住宅ローンの残債がある場合、相続人が弁済する義務がある点に注意が必要です。

抵当権付きの不動産を相続する際は、被相続人が団体信用生命保険に加入しているかどうかを確認してください。

団体信用生命保険に加入していれば、被相続人の死亡時に住宅ローンが完済されます。

抵当権の抹消手続きを忘れずに行いましょう。

不動産の相続に関してはこちらの記事で詳しく解説しています。

相続物件を売却する手順や控除制度、注意点を解説【必要書類】

抵当権付きの不動産の売却は抵当権抹消後に可能

抵当権付きの不動産の売却も可能です。

ただし、抵当権が付いている不動産は買主が見つかりにくい傾向があります。

なぜなら、抵当権付きの不動産は売主が住宅ローンを滞納した場合、差し押さえられてしまうためです。売却代金で、抵当権の抹消が可能かどうか事前に確認しておきましょう。

抵当権付きの不動産の売却はできるものの、買主を探すことは困難だと認識しておくとよいでしょう。

不動産の売却に関してはこちらの記事で詳しく解説しています。

不動産売却はどこに相談すればよい?内容や目的別の相談先を紹介

不動産売却時におけるよくある不安とは?解決方法と相談先を解説

抵当権を設定する3つのメリット

抵当権を設定するメリットは以下の3つが挙げられます。

・低金利で融資を受けられる
・融資額の増加が期待できる
・住宅ローンを返済しつつ該当住宅に住める

それぞれのメリットの内容について見ていきましょう。

抵当権を設定するメリット1.低金利で融資を受けられる

住宅ローンでは不動産に抵当権を設定する有担保ローンが一般的です。

不動産を担保とすることで、金融機関から低金利での融資を受けられます。

一方の無担保ローンでは金利が高くなる傾向があります。

無担保ローンは金融機関が負う貸し倒れのリスクが高いためです。

抵当権を設定するメリット2.融資額の増加が期待できる

抵当権の設定により、金融機関から借りられる金額が増えます。

融資額が増えれば不動産購入時の選択肢が増えるため、魅力的に感じる方も多いでしょう。

抵当権を設定するメリット3.住宅ローンを返済しつつ該当住宅に住める

抵当権を設定すれば、住宅ローンを返済しつつ該当住宅に住めます。

先述したように、有担保ローンは低金利で利用可能です。

さらに、返済期間を無担保ローンよりも長期間に設定できます。

自己資金がなくても希望の住宅に住めることは、大きなメリットだといえるでしょう。

抵当権を設定する3つのデメリット

抵当権を設定するデメリットは下記の3つです。

・返済が滞った場合は不動産を差し押さえられる
・費用がかかる
・住宅ローンを完済した後は抵当権の抹消手続きを行う必要がある

メリットだけではなく、デメリットについても深掘りしていきます。

抵当権を設定するデメリット1.返済が滞った場合は不動産を差し押さえられる

抵当権の最たるデメリットとしては、返済が滞った場合に不動産を差し押さえられることが考えられます。

返済が滞った場合は最終的には競売にかけられ、不動産を手放すこととなります。

抵当権を設定するデメリット2.費用がかかる

抵当権の設定にはさまざまな費用がかかります。

抵当権を設定する手続き自体は司法書士に依頼するケースが多く、数万円ほどの支払いが発生します。

抵当権を設定するデメリット3.住宅ローンを完済した後は抵当権の抹消手続きを行う必要がある

住宅ローンを完済した後は、抵当権の抹消手続きを行います。

抵当権を抹消しなければ不動産が売れにくい、新しい住宅ローンを組みにくいなどのデメリットが生じます。

抵当権を抹消しないでおくことにメリットはありません。

住宅ローンの完済後は速やかに抵当権を抹消しましょう。

まとめ

抵当権とは住宅ローンを組む際に、金融機関が不動産を担保とする権利を指します。

住宅ローンを完済した際はご自身で抵当権を抹消する手続きを行う必要があります。

抵当権付きの不動産の相続は可能です。

しかし住宅ローンの残債がある場合は、相続人が弁済していかなければなりません。

抵当権は住宅の売買に関する重要なポイントの一つです。

不動産売買を検討している方や、不動産の相続を予定している方はぜひ参考にしていただけますと幸いです。

不動産売却をご検討であれば、このびにおまかせください。

このびは『株式会社JR西日本イノベーションズ』が運営する不動産の買取再販サービスです。

不動産売却に関するご相談を受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

本記事の監修

戸建買取再販事業部 事業部長福田岳司

JR西日本に入社後、大阪駅での駅員を経て百貨店に出向し商売の基本と接客を学ぶ。その後三ノ宮駅の駅ビル開発計画推進を通じて不動産とまちづくりに従事。一度は海外で働きたいという想いからシンガポールに赴任。東南アジア各国で外国人向けJR西日本パスの販売を促進。現地法に基づく組織運営を学ぶ。帰国後はJR西日本イノベーションズ(現在)にて香港企業への出資や新規事業創出を担当。新規事業の第1号案件である「このび」を立上げたうえで事業統括・推進。自分も中古住宅をリノベーションした家に住む。「このび」を通じてお客様に豊かな生活をコスパ良く提供したいと考えている。子育て真っ盛りの2児の父。趣味は演劇。

簡易査定は
こちら!
phone

電話で
お問い合わせ

お電話の前にご確認ください。
以下の物件はお取り扱いできません。

  • 大津市・草津市・栗東市・守山市以外の物件
  • マンション
  • 店舗付き住宅
  • 土地(畑・山・竹林等)
  • 1981年以前に建築された物件

お問い合わせ窓口

077-509-9730

(営業時間:9:00 ~ 18:00   定休日:日・月曜日)

電話をかける