家の寿命は何年?寿命がきた時の対処法や長く住み続けるコツを紹介【木造・鉄骨・鉄筋コンクリート】

「家のあちこちが傷んできたけど、あと何年くらい住めるのかな」
「家の寿命を延ばすコツがあれば知りたい」

家の寿命に関する疑問を抱えている方は多くいます。

現在住んでいる家を大切にして、長く住めれば良いでが、残念ながら家には寿命があります。。

しかし、家の寿命について詳しく知っている方は少ないです。

この記事では家の寿命は何年なのか、また寿命がきた時の対処法や長く住み続けるコツについて解説していきます。

家の寿命はどのくらいか

まずは家の寿命について見ていきましょう。

家の寿命の目安はこちらです。

家の種類寿命の目安
木造30年
鉄骨30年から60年
鉄筋コンクリート40年から90年

家の寿命は使われている材質によって大きく異なることが分かりました。

家の寿命は材質によって大きく異なる

一般的に木造の家の寿命は約30年と言われています。

日本の住宅は木造が多数を占めており「思ったよりも寿命が短い」と驚いた方も多いのではないでしょうか。

ただ、この寿命は築年数から算出された数字です。

家が解体されるまでの期間も含まれているため、実際の寿命はより長いものだと推測されます。

もしご自身が住んでいる家が30年を超えていたとしても、一概に寿命が来たとはいえません。

鉄骨や鉄筋コンクリートは木造よりも長い傾向にあります。

こちらも目安なので、あくまでも参考程度に留めておいてください。

リフォームやメンテナンスにより家の寿命は延びる

家の寿命が過ぎたとしても、リフォームやメンテナンスを実施すればより長く住み続けられます。

家の寿命がきても、80年から100年以上住み続けることも不可能ではありません。

詳しくは後ほど解説します。

家に長く住み続ける3つのコツ

家には寿命がありますが、下記の3つのコツを知っておけば長く住み続けられる可能性が高まります。

・日常的なクリーニングを欠かさない
・定期的にメンテナンスやリフォームを行う
・天災対策として保険に加入する

それぞれのコツについて見ていきましょう。

家に長く住み続けるコツ1.日常的なクリーニングを欠かさない

家に長く住み続けるためにも、日常的なクリーニングは欠かせません。

日常的にクリーニングを行うことで、家の寿命を延ばせる可能性が高まります。

特に水回りのクリーニングを念入りに行うとよいでしょう。

浴室やトイレ、キッチンなどは汚れやカビによる劣化が進みやすい部分です。

汚れやカビに気がついた時は、できるだけ早く対策をしましょう。

家に長く住み続けるコツ2.定期的にメンテナンスやリフォームを行う

戸建に住んでいる場合、家の不具合はご自身で対応する必要があります。

そのため、定期的なメンテナンスやリフォームを行ないましょう。

メンテナンスやリフォームの内容はこちらの表を参考にしてください。

内容期間費用
白アリ対策5年から10年15万円から20万円
給湯器7年から15年15万円から30万円
壁紙10年30万円から50万円
屋根10年から15年40万円から80万円
外壁10年から15年80万円から100万円
キッチン10年から15年60万円から90万円
洗面台10年から15年15万円から30万円
フローリング20年3万円から5万円(6畳あたり)
水配管20年50万円から100万円
ユニットバス20年50万円から100万円
トイレ20年から30年15万円から20万円

ここからは、築年数ごとにどの箇所のメンテナンスやリフォームが必要なのかを解説していきます。

・築5年から築10年
・築10年から築15年
・築15年から築20年
・築20年から築30年

築5年から築10年

築5年から築10年の家では大規模なメンテナンスやリフォームの必要はありません。

しかし、少しずつ劣化や破損が生じる時期となります。

白アリ対策の防蟻処理は5年から10年毎が有効期間とされています。

築10年から築15年

築10年を超えると、屋根や外壁などのメンテナンスやリフォームを検討する時期となります。
金額も大きくなるため、どの箇所をいつ行なうのかを計画していきましょう。

築15年から築20年

築20年近くになると水回りのメンテナンスやリフォームの検討をおすすめします。
屋根や外壁などと比べると、費用は低く抑えられる傾向があります。

築20年から築30年

築20年を過ぎた家は、これまでのメンテナンスやリフォームの実施状況により修繕箇所が異なります。
家の不具合に応じてメンテナンスやリフォームを実施しましょう。

家に長く住み続けるコツ3.天災対策として保険に加入する

ご自身でクリーニングやメンテナンスを行なっていたとしても、天災の被害は避けることが出来ません。もしものことを考えて、保険に加入しておくとよいでしょう。

家を購入する際は火災保険に加入するケースが多いです。
もし加入していなければ、この機会に検討してみることをおすすめします。

家の寿命がきた時の対処法3選

家には寿命があることがお分かりいただけましたか。

では、家の寿命がきたときはどのような対処法があるのでしょうか。

下記の3つの対処法について見ていきましょう。

・全面リフォームを行う
・建て替えを検討する
・売却する

家の寿命がきた時の対処法1.全面リフォームを行う

『全面リフォーム』とはフルリフォームとも呼ばれており、現在住んでいる家を全面的にリフォームすることです。

水回りや外壁、屋根に間取り変更と多岐に渡ってリフォームを行います。

建て替えるよりも費用を抑えられます。

また、リフォーム内容によっては仮住まいを用意する必要があります。

家の寿命がきた時の対処法2.建て替えを検討する

家の劣化が進んでいる場合は、建て替えも選択肢の一つとして挙げられます。

建て替えは基礎の部分から建て直すため、全面リフォームよりも費用は高額となる傾向があります。

しかし、現在住んでいる家で不満に感じている箇所を変えられる点はメリットです。

さらに建て替えはローンを組みやすいので、手持ちの資金が少なくても利用できる可能性があります。

家の寿命がきた時の対処法3.売却する

全面リフォームや建て替えには多額の費用がかかります。

手持ちの資金に余裕がなければ売却も有効な対処法となります。

木造の家の寿命は約30年です。

築年数の経過した家だと売却できない可能性があります。

築年数の経過した家の売却は買取がおすすめです。

買取は不動産会社が買主となるため、スピーディな売却が可能です。

また築古物件の買取が可能な不動産会社もあるため、一度査定を依頼してみるとよいでしょう。

買取に関してはこちらの記事を参考にしてください。

不動産買取とは?買取と仲介の違いや向いている人の特徴を紹介

不動産買取のメリット・デメリットは?買取に向いている不動産の特徴を解説

不動産買取の流れは8ステップ!事前準備から契約後の手続きまでを紹介

まとめ

家の寿命は木造で30年、鉄骨で30年から60年、鉄筋コンクリートで40年から90年とされています。

使われている材質によって大きく異なりますが、日常的なクリーニングや定期的なメンテナンス、リフォームにより、長く住み続けることも可能です。

家の寿命がきた際は建て替えや売却などを検討するとよいでしょう。

不動産売却をご検討であれば、このびにおまかせください。

このびは『株式会社JR西日本イノベーションズ』が運営する不動産の買取再販サービスです。

このびでは戸建に特化しており、様々な不動産の買取を行います。

まずはお気軽にご連絡ください。

本記事の監修

戸建買取再販事業部 事業部長福田岳司

JR西日本に入社後、大阪駅での駅員を経て百貨店に出向し商売の基本と接客を学ぶ。その後三ノ宮駅の駅ビル開発計画推進を通じて不動産とまちづくりに従事。一度は海外で働きたいという想いからシンガポールに赴任。東南アジア各国で外国人向けJR西日本パスの販売を促進。現地法に基づく組織運営を学ぶ。帰国後はJR西日本イノベーションズ(現在)にて香港企業への出資や新規事業創出を担当。新規事業の第1号案件である「このび」を立上げたうえで事業統括・推進。自分も中古住宅をリノベーションした家に住む。「このび」を通じてお客様に豊かな生活をコスパ良く提供したいと考えている。子育て真っ盛りの2児の父。趣味は演劇。

簡易査定は
こちら!
phone

電話で
お問い合わせ

お電話の前にご確認ください。
以下の物件はお取り扱いできません。

  • 大津市・草津市・栗東市・守山市以外の物件
  • マンション
  • 店舗付き住宅
  • 土地(畑・山・竹林等)
  • 1981年以前に建築された物件

お問い合わせ窓口

077-509-9730

(営業時間:9:00 ~ 18:00   定休日:日・月曜日)

電話をかける