戸建売却は買取と仲介のどちらがよい?買取に向いている戸建の特徴や買取業者選びのポイントを解説

戸建の売却方法には買取と仲介の2種類があります。

一般的によく知られているのは仲介ですが、買取を利用した戸建売却について知りたい方もいるのではないでしょうか。

この記事では戸建売却は買取と仲介のどちらがよいのか、買取業者選びのポイントについて解説していきます。

戸建売却を検討したい方は、ぜひ参考にしてください。

戸建売却における買取と仲介の違い

戸建売却における買取と仲介の違いを表にしております。

まずはこちらをご覧下さい。

買取仲介
買主買取業者おもに個人
売却までにかかる期間の目安数日から1か月3か月から1年(買主が見つかるまで)
価格相場価格の6割から8割相場価格
費用仲介手数料は不要仲介手数料(3%+6万円+消費税)
内覧の有無なし(不動産会社による訪問査定のための内覧はあり)あり(内覧対応やクリーニングが必要)
契約不適合責任なしあり
周囲に知られるリスク少ない高い

買取を利用する際は買取業者が買主となります。

そのため、売却までにかかる期間の目安は数日から1か月と、スピーディな取引が可能です。

一方で、仲介の買主はおもに個人です。

買主が見つからなければ当然に戸建の売却ができません。

さらに買取では内覧の対応は不要で(訪問査定時の内覧対応は必要)、周囲に知られるリスクも低いです。

これだけ見れば「戸建売却は買取がよいのではないか」と考える方も多いでしょう。

ただし、買取は仲介よりも戸建の売却価格が低くなることが多いです。

一般的には、相場価格の6割から8割程度になってしまいます。

買取と仲介を比較すると、下記のような判断が可能です。

・早く売りたいのなら買取
・高く売りたければ仲介

買取に関してはこちらの記事で詳しく紹介しています。

不動産買取のメリットは?デメリットや注意点、買取に向いていない不動産の特徴を解説

戸建を買取で売るメリット7選

戸建を買取で売るメリットはこちらの7つです。

・スピーディな売却が可能
・売却の確実性が高い
・契約不適合責任が免責となる
・仲介手数料は不要
・内覧の対応に追われない
・近所に知られずに売却できる
・築年数が経過している不動産も売却できる

買取のメリットについて、一つずつ解説していきます。

戸建を買取で売るメリット1.スピーディな売却が可能

仲介では買主が見つからなければ売却ができません。

戸建の条件にもよりますが、売却までにかかる期間の目安は3か月から1年程度といわれています。

一方で買取では仲介のように買主を探す必要がありません。

そのため、売主が買取業者が提示する査定額に納得できれば、すぐに戸建の売却手続きができます。

必要書類が揃っている場合、早ければ数日、遅くても1か月程度で売却が可能です。

不動産買取で必要な書類の一例はこちらです。

必要書類
不動産に関する書類登記済権利証(登記識別情報)
地積土地測量図面・境界確認書
固定資産税納付通知書
建築確認済証(検査済証)
不動産購入時の売買契約書・重要事項説明書
不動産の間取り図・設備の仕様書
建築設計図書・工事記録書
耐震診断報告書・アスベスト使用調査報告書
購入時のパンフレット
売主に関する書類やもの身分証明書
印鑑証明書
実印
住民票
銀行口座に関する書類
ローン残高証明書

必要書類に関してはこちらの記事を参考にしてください。

不動産買取で必要な書類とは?取寄方法や費用の目安について解説します

戸建を買取で売るメリット2.売却の確実性が高い

買取を利用した戸建売却では買取業者が直接買取を行います。

プロによる買取なので、売却の確実性が高い点がメリットです。

不動産仲介では買主が見つかったとしても、安心はできません。

買主が住宅ローンの審査に落ちてしまうと、売買契約が白紙に戻る可能性があるためです。

戸建を確実に売却したい方は買取が適しています。

戸建を買取で売るメリット3.契約不適合責任が免責となる

仲介において気をつけるべき点の一つに『契約不適合責任』があります。

契約不適合責任とは契約内容に適合しない事項が判明した際、売主が賠償責任を負う必要がある責任のことです。

契約不適合責任を負わない特約(免責特約)もありますが、買主が見つかりにくい可能性があります。

また、免責特約で契約を締結したとしても、契約不適合責任を免れないケースもあるので安心はできません。

買取業者に戸建を売却する場合、売主は契約不適合責任を負う必要がないケースが多いです。

戸建を売却した後も、不安を抱えずに済むことはメリットといえるでしょう。

戸建を買取で売るメリット4.仲介手数料は不要

買取は買取業者と直接契約をするため、仲介手数料はかかりません。

仲介を利用して戸建を売却した際、成功報酬として仲介手数料が発生します。

売買金額が400万円を超える場合、3%+6万円+消費税が仲介手数料として請求されるので、大きな負担となります。

戸建を買取で売るメリット5.内覧の対応に追われない

仲介で戸建を売却する場合、購入を検討している方に対して内覧の対応をする必要があります。

売主としては出来るだけ魅力的な戸建であるとアピールするために、掃除や丁寧な対応をしようと考えるでしょう。

しかし、内覧の対応は思っている以上に大変です。

内覧をしたからといって、必ずしも売却につながるわけではありません。

さらに何か月も内覧の対応をしていると、徐々に疲労がたまっていきます。

買取では買取業者が訪問査定をする際に対応すればよいので、内覧の対応に追われずに済みます。

戸建の売却にかかる手間や時間がかからないことは、大きなメリットといえますね。

戸建を買取で売るメリット6.近所に知られずに売却できる

仲介を利用して戸建を売却する場合、チラシや新聞の折込広告などを利用して販売活動を行います。

売却したい戸建に『売り物件』の看板が掲げられた場合、近所に知られてしまう可能性が高いです。

買取では販売活動を行う必要がありません。

近所に知られずに戸建を売却できるのは、買取のメリットといえます。

戸建を買取で売るメリット7.買取できる戸建の幅が広い

人気の立地である、築浅物件であるなどの戸建は仲介でも早めに売却できる可能性があります。

しかし不便な立地である、築古物件であるなどの条件の戸建では、買主がなかなか見つからないことも珍しくありません。

買取では戸建を買い取った後、リフォームやリノベーションにより資産価値を高めた状態で再販します。

仲介では売却できなかった戸建も、買取なら値段が付けられるかもしれません。

仲介で売却できない戸建を所有している方は、買取業者に相談してみてはいかがでしょうか。

戸建を買取で売る際の注意点2選

戸建を買取で売るメリットは多数あります。

しかし、いくつかの注意点もあるので把握しておくことをおすすめします。

戸建を買取で売る際の注意点は下記の2つです。

・売却価格が安くなる
・戸建に対応している買取業者が少ない

2つの注意点について、順番に見ていきましょう。

戸建を買取で売る際の注意点1.売却価格が安くなる

戸建を買取で売る際に理解しておきたいのは、売却価格が安くなる点です。

相場価格の6割から8割程度になるケースが多いです。

先述したように、買取では買取業者が戸建を買取した後、リフォームやリノベーションを行い資産価値を高めます。

また契約不適合責任を買取業者が負う仕組みのため、保証にかかる費用が必要です。

仲介ではかからなかった費用を買取業者が負担するため、どうしても売却価格が安くなるのです。

買取による売却価格についてはこちらの記事を参考にしてください。

不動産買取相場は仲介の市場価格の6割から8割!相場を調べる方法や高く買取してもらうポイントを解説

戸建を買取で売る際の注意点2.戸建に対応している買取業者が少ない

戸建の買取に対応している買取業者が少ない点も注意が必要です。

戸建はマンションよりも販売価格を予想することが難しいとされています。

買取業者は売れ残りリスクを抱えてビジネスを行う必要があるため、どうしても戸建の買取に躊躇してしまうのです。

買取に向いている戸建の特徴

買取に向いている戸建の特徴はこちらです。

・築古である
・人気のないエリアにある
・再販しにくい
・設備が古い
・仲介で買主が見つからない

上記の特徴に当てはまる戸建を売却したいのであれば、買取による戸建売却の検討をおすすめします。

買取に向いている不動産の特徴はこちらの記事で詳しく解説しています。

不動産買取のメリット・デメリットは?買取に向いている不動産の特徴を解説

買取業者選びのポイント2選

戸建売却は買取業者選びが重要です。

大切な戸建を売るためにも、信頼できる買取業者を選んでください。

買取業者選びで重要なポイントはこちらの2点です。

・会社の規模はどのくらいか
・売主に寄り添った対応をしてくれるか

買取業者の選び方1.会社の規模はどのくらいか

買取業者の規模が大きいと、戸建を高く売却できる可能性があります。

規模の小さな買取業者では資本力が無い可能性があるため、安い売却価格を提示されるかもしれません。

買取業者の公式サイトにアクセスして、会社の資本金やグループ会社の有無などを確認するとよいでしょう。

買取業者の選び方2.売主に寄り添った対応をしてくれるか

戸建売却は人生でそう何度も経験するものではありません。

はじめての戸建売却に不安を感じている方も多いことでしょう。

売主の立場になって、親身に対応してくれる買取業者を選ぶことをおすすめします。

まとめ

買取と仲介はさまざまな違いがあります。

戸建を早く売りたいのなら買取、高く売りたければ仲介を選ぶとよいでしょう。

買取に向いている戸建の特徴は築古である、人気のないエリアにあるなどです。

買取業者を選ぶ際は会社の規模はどのくらいか、売主に寄り添った対応をしてくれるかをチェックすることをおすすめします。

戸建の買取に対応している買取業者は多くありません。

まずは、戸建の買取に対応している買取業者を探すことからはじめるとよいでしょう。

このびは『株式会社JR西日本イノベーションズ』が運営する不動産の買取再販サービスです。

戸建の買取に対応しており、売主様のご要望にお応えできるようにご協力させていただきます。

まずはお気軽にご連絡ください。

本記事の監修

戸建買取再販事業部 事業部長福田岳司

JR西日本に入社後、大阪駅での駅員を経て百貨店に出向し商売の基本と接客を学ぶ。その後三ノ宮駅の駅ビル開発計画推進を通じて不動産とまちづくりに従事。一度は海外で働きたいという想いからシンガポールに赴任。東南アジア各国で外国人向けJR西日本パスの販売を促進。現地法に基づく組織運営を学ぶ。帰国後はJR西日本イノベーションズ(現在)にて香港企業への出資や新規事業創出を担当。新規事業の第1号案件である「このび」を立上げたうえで事業統括・推進。自分も中古住宅をリノベーションした家に住む。「このび」を通じてお客様に豊かな生活をコスパ良く提供したいと考えている。子育て真っ盛りの2児の父。趣味は演劇。

簡易査定は
こちら!
phone

電話で
お問い合わせ

お電話の前にご確認ください。
以下の物件はお取り扱いできません。

  • 大津市・草津市・栗東市・守山市以外の物件
  • マンション
  • 店舗付き住宅
  • 土地(畑・山・竹林等)
  • 1981年以前に建築された物件

お問い合わせ窓口

077-509-9730

(営業時間:9:00 ~ 18:00   定休日:日・月曜日)

電話をかける