不動産売却における詐欺の手口とは?事例や対策方法を解説

不動産売却においても詐欺事件が発生しています。

事前に詐欺の手口を知っておけば、被害を回避できる可能性があります。

この記事では不動産売却における詐欺の手口や対策方法について解説していくので、ぜひ最後まで目を通してみて下さい。

不動産売却における詐欺の手口4選

不動産売却にはさまざまな詐欺の手口があります。

不動産売却における詐欺の手口には下記の4つがあります。

・支払われた小切手の現金化ができない
・勝手に不動産登記を変更する
・相場よりも低い価格を付ける
・測量を行う前に費用を請求する

それぞれの詐欺の手口について見ていきましょう。

不動産売却における詐欺の手口1.支払われた小切手の現金化ができない

小切手は大金を持ち歩く必要がないため、便利な証券の一つとして利用されています。

しかし不動産売却が成立した際、支払われた小切手の現金化ができないという詐欺の手口があります。

小切手にはさまざまなルールがあるのですが、仕組みを知らない方は詐欺にあう可能性が高いです。

不動産売却における詐欺の手口2.勝手に不動産登記を変更する

不動産の詐欺では『地面師』と呼ばれる詐欺師が勝手に不動産登記を変更し、売却をしてしまうケースがあります。

地面師は建物や土地の所有者になりすまし、不動産の転売を行います。

転売された不動産を取り返すことは非常に難しいです。

対処する術が残されておらず、泣き寝入りするケースも少なくありません。

不動産売却における詐欺の手口3.相場よりも低い価格を付ける

不動産の査定を依頼した際、相場よりもかなり低い価格を付けられてしまうケースです。

不動産売却を行う際は、不動産会社に査定を依頼します。

「不動産会社に任せておけば大丈夫だろう」と信じてしまうと、安い査定額を提示されても妥当な金額だと疑わない可能性があります。

不動産売却における詐欺の手口4.測量を行う前に費用を請求する

「あなたの不動産を購入したい人がいる」と営業された場合、注意が必要です。

不動産を保有している方が売却に興味を持った際、まずは測量をすると声をかけられます。

「測量には費用がかかるため、事前にお支払いをお願いします」と言われて代金を振り込んだ後、測量を行わずに代金を持ち逃げされてしまうのです。

もし測量費を支払うのであれば、測量が行われた後に請求されます。

事前に測量費を振り込むように言われた際は、十分に気をつけて下さい。

不動産売却における詐欺に遭わないための対策方法5選

不動産売却における詐欺に遭わないための対策方法には、以下の5つがあります。

・信頼できる不動産会社を選ぶ
・不動産の市場価格を把握しておく
・移転登記と代金支払は同時に行う
・売却代金は現金で受け取る
・契約を急かされてもその場で判断しない

不動産売却における詐欺に遭わないための対策方法1.信頼できる不動産会社を選ぶ

不動産売却で重要なポイントは信頼できる不動産会社を選ぶことです。

不動産売却は一生に何度も行うものではありません。

そのため、不動産売却について詳しく知っている方は少ないです。

不動産売却で詐欺を行う悪徳業者は売主の無知に付け込むのですが、一般の人が不動産に関する十分な知識を得ることは難しいでしょう。

そこで、信頼できる不動産会社を選べば不動産売却で詐欺に遭う心配を減らせます。

不動産会社の選び方は下記の記事を参考にしてください。

不動産売却における詐欺に遭わないための対策方法2.不動産の市場価格を把握しておく

不動産の市場価格を把握しておけば、提示された査定価格が適切かどうかが分かります。

不動産の市場価格を調べる方法は下記の3つです。

・レインズマーケットインフォメーション
・土地総合情報システム
・不動産会社に査定依頼をする

不動産の市場価格を調べる方法は下記の記事で詳しく解説しています。

不動産売却における詐欺に遭わないための対策方法3.移転登記と代金支払は同時に行う

移転登記と代金支払は同時に行いましょう。

移転登記と代金支払は同時に行うことで、不動産登記を勝手に変更し売却されることを防げます。

原則として、代金支払が済んでいないのにも関わらず移転登記を行うことはありません。

不動産売却における詐欺に遭わないための対策方法4.売却代金は現金で受け取る

不動産の売却代金を現金で受け取れば、小切手の詐欺に遭わずに済みます。

小切手の現金化が可能かどうかをその場で判断するのは不可能です。

不動産の売却代金を確実に受け取るためにも、現金以外の方法で受け取ることは避けた方がよいでしょう。

不動産売却における詐欺に遭わないための対策方法5.契約を急かされてもその場で判断しない

契約を急かす不動産会社には注意が必要です。

取引を迅速に行いたい売主としては、すぐにでも不動産を売却したいと考えるかもしれません。

しかし、契約を急かす時は売主に言えない理由がある可能性があります。

家族に相談する、インターネットで不動産会社を調べるなどして、信頼できることが分かったときに契約を結ぶとよいでしょう。

まとめ

不動産売却における詐欺の手口は支払われた小切手の現金化ができない、勝手に不動産登記を変更するなどがあります。

詐欺に遭えば大金を失ってしまう可能性があります。

不動産売却における詐欺に遭わないためにも、信頼できる不動産会社を選ぶ、不動産の市場価格を把握しておくなどの対策をしておくとよいでしょう。

不動産売却をご検討であれば、このびにおまかせください。

このびは『株式会社JR西日本イノベーションズ』が運営する不動産の買取再販サービスです。

不動産売却に関するご相談を受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

本記事の監修

戸建買取再販事業部 事業部長福田岳司

JR西日本に入社後、大阪駅での駅員を経て百貨店に出向し商売の基本と接客を学ぶ。その後三ノ宮駅の駅ビル開発計画推進を通じて不動産とまちづくりに従事。一度は海外で働きたいという想いからシンガポールに赴任。東南アジア各国で外国人向けJR西日本パスの販売を促進。現地法に基づく組織運営を学ぶ。帰国後はJR西日本イノベーションズ(現在)にて香港企業への出資や新規事業創出を担当。新規事業の第1号案件である「このび」を立上げたうえで事業統括・推進。自分も中古住宅をリノベーションした家に住む。「このび」を通じてお客様に豊かな生活をコスパ良く提供したいと考えている。子育て真っ盛りの2児の父。趣味は演劇。

簡易査定は
こちら!
phone

電話で
お問い合わせ

お電話の前にご確認ください。
以下の物件はお取り扱いできません。

  • 大津市・草津市・栗東市・守山市以外の物件
  • マンション
  • 店舗付き住宅
  • 土地(畑・山・竹林等)
  • 1981年以前に建築された物件

お問い合わせ窓口

077-509-9730

(営業時間:9:00 ~ 18:00   定休日:日・月曜日)

電話をかける