住み替えローンとは?メリットや注意点、利用する手順を解説

「住宅ローンの残債があるけど住み替えをしたい」

このようなお悩みを抱えている方に知ってほしいのが住み替えローンです。

この記事では住み替えローンのメリットや注意点、利用する手順について解説していきます。

住み替えローンとは

『住み替えローン』とは現在住んでいる家の住宅ローン残債と、新居の購入代金を合わせた借入が可能なローンのことです。

住み替えをする際は住宅ローンを完済して、抵当権を抹消する手続きが必要です。

現在住んでいる家の売却額と自己資金が住宅ローンの残債よりも少なければ、抵当権の抹消はできません。

そこで住み替えローンを利用すれば、現在住んでいる家の住宅ローンを完済しつつ新居の購入代金を用意できるのです。

また、住み替えは自己資金なしの状態でも利用可能です。

頭金が用意できない方は住み替えローンを検討してみてはいかがでしょうか。

自己資金なしで住み替えをしたい方はこちらの記事を参考にしてください。

住み替えは自己資金なしでもできる?方法と流れ、注意点を解説

住み替えローンのメリット3選

住み替えローンのメリットはこちらの3つです。

・住宅ローンの残債があっても新居の購入が可能
・住み替えの際にかかる費用を抑えられる
・ローンを一本化できる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

住み替えローンのメリット1.住宅ローンの残債があっても新居の購入が可能

先述したように、住宅ローンの残債がある状態では家の売却はできません。

家の売却額が住宅ローンの残債よりも少ない場合は、預貯金を返済に充てたり、親族からお金を借りたりして、住宅ローンの残債を返済する必要があります。

ただし、住み替えを希望している全ての方が上記の手段をとれるわけではありません。

そこで住み替えローンを利用すれば、住宅ローンの残債があっても新居を購入できる可能性があります。

住み替えローンのメリット2.住み替えの際にかかる費用を抑えられる

住み替え時には仮住まいの確保や引っ越し費用など、様々な費用がかかります。

新居の購入には多額の資金が必要なので、できるだけ費用を抑えたいと考える方は多いでしょう。

住み替えローンは現在住んでいる家を売却するのと同時に新居を購入します。

住み替えの際にかかる費用を抑えられるため、自己資金をできるだけ残しておきたい方にとって適しているローンといえます。

住み替えローンのメリット3.ローンを一本化できる

住み替えローンを利用しないで新たにローンを組む際は『ダブルローン』となります。

ダブルローンは現在住んでいる家のローンと新居のローンを二重で組むため、支払いが分かりにくくなることが考えられます。

またそれぞれの返済計画を立てなければならず、混乱してしまうかもしれません。

しかし、住み替えローンを利用すればローンを一本化できます。

さらに支払いが明確になるので、返済計画を立てやすいです。

住み替えローンの注意点3選

住み替えローンには数々のメリットがあります。

しかし、いくつかの注意点があるので把握しておくとよいでしょう。

住み替えローンの注意点はこちらの3つです。

・毎月の返済額が増える
・家の売却と購入を同時に行う必要がある
・審査が厳しい

住み替えローンの注意点1.毎月の返済額が増える

住み替えローンは現在住んでいる家のローンに加えて、新居のローンも同時に借りる『オーバーローン』となります。

そのため、借入金額が高額になる傾向があります。

さらに住み替えローンの金利は高い傾向にあり、毎月の返済額が増えがちです。

住み替えローンを検討する際は、無理のない返済額や返済期間を設定しましょう。

住み替えローンの注意点2.家の売却と購入を同時に行う必要がある

住み替えローンは家の住宅ローンの完済日と新居の購入日を同日に設定する必要があります。

住み替えローンでは現在住んでいる家の抵当権を抹消し、新居に新たな抵当権を設定する手続きを同時に行わなければなりません。

住み替えローンを利用する際は、売却と購入に関するスケジュール調整が重要となります。手続きに不安のある方は不動産会社に相談してみましょう。

住み替えローンの注意点3.審査が厳しい

住み替えローンはこれまでの住宅ローンと新しく組む住宅ローンを合算するので、通常の住宅ローンよりも厳しい審査が行われます。

返済能力や個人信用情報などをより厳しくチェックされるため、審査に通らない可能性も考えられます。

見落としがちなのはクレジットカードのキャッシング枠です。

キャッシング枠は設定額の範囲内の金額であれば借入ができます。

このキャッシング枠を設定していると、実際に借入をしていなくても借入とみなされてしまいます。

住み替えローンの審査に通るためにも、キャッシング枠を0円にしておくとよいでしょう。

住み替えローンを利用する手順

住み替えローンを利用する手順はこちらです。

1.現在の住宅ローン残債を確認する
2.不動産会社に住み替えローンの相談をする
3.住み替えローンに対応している金融機関を調べる
4.新居を探す
5.住み替えローンを申し込む
6.融資を受ける

順番に解説していきます。

住み替えローンを利用する手順1.住宅ローン残債を確認する

始めに行うことは住宅ローン残債の確認です。

住宅ローン残債を確認する方法はこちらです。

・返済予定表を確認する
・残高証明書を確認する
・借入している金融機関のウェブサイトで確認する

住み替えローンを利用する手順2.不動産会社に住み替えローンの相談をする

信頼できる不動産会社に住み替えローンの相談をします。

住み替えローンは家の売却と購入を同時に行うため、不動産会社選びは重要です。

「住み替えローンを検討している」と伝え、しっかりとサポートしてくれる不動産会社を探しましょう。

住み替えローンを利用する手順3.住み替えローンに対応している金融機関を調べる

住み替えローンに対応している金融機関を調べます。

現在借入している金融機関が住み替えローンに対応している場合は、一度相談してみるとよいでしょう。

また金融機関は一社だけではなく、複数社を調べておくことをおすすめします。

利用する金融機関によって審査基準や金利などの条件が異なります。

比較するとよりよい条件の金融機関が見つかるかもしれません。

住み替えローンを利用する手順4.新居を探す

住み替えローンでは家の売却と同時に新居を購入する必要があるため、新居も早い段階から探しておくとよいでしょう。

ただし、条件に合った新居が見つかったとしても、審査に通過しなければ購入はできません。

複数の新居候補を選定しておくことをおすすめします。

住み替えローンを利用する手順5.住み替えローンを申し込む

新居を探すタイミングで住み替えローンの申込をします。

住み替えローンを利用するためには、事前審査と本審査に通過する必要があります。

事前審査は購入したい家が見つかった時に申し込むのが一般的です。

返済能力や頭金の有無などを確認し、2営業日から3営業日ほどで結果が分かります。

事前審査に通過すると本審査に進みます。

本審査では事前審査よりも厳しいチェックが行われるため、必ずしも通過できるとは限りません。

審査期間は2週間から3週間程度かかります。

住み替えローンを利用する手順6.融資を受ける

本審査に通過すれば融資が受けられます。

住み替えローンでは融資を受ける当日に家の売却と新居の購入を行います。

まとめ

住み替えローンとは家のローンを完済するために必要な費用と、新居の購入代金を合わせた金額を借りられるローンのことです。

住み替えローンには住宅ローンの残債があっても新居の購入が可能となり、住み替えの際にかかる費用を抑えられるなどのメリットがあります。

しかし毎月の返済額が増え、家の売却と購入を同時に行う必要がある点に注意が必要です。

住み替えを希望している方は、この記事で解説した内容を参考にして住み替えローンを検討してみてはいかがでしょうか。

不動産売却をご検討であれば、このびにおまかせください。

このびは『株式会社JR西日本イノベーションズ』が運営する不動産の買取再販サービスです。

このびでは戸建に特化しており、様々な不動産の買取を行います。

不動産売却に関するご相談を受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

本記事の監修

戸建買取再販事業部 事業部長福田岳司

JR西日本に入社後、大阪駅での駅員を経て百貨店に出向し商売の基本と接客を学ぶ。その後三ノ宮駅の駅ビル開発計画推進を通じて不動産とまちづくりに従事。一度は海外で働きたいという想いからシンガポールに赴任。東南アジア各国で外国人向けJR西日本パスの販売を促進。現地法に基づく組織運営を学ぶ。帰国後はJR西日本イノベーションズ(現在)にて香港企業への出資や新規事業創出を担当。新規事業の第1号案件である「このび」を立上げたうえで事業統括・推進。自分も中古住宅をリノベーションした家に住む。「このび」を通じてお客様に豊かな生活をコスパ良く提供したいと考えている。子育て真っ盛りの2児の父。趣味は演劇。

簡易査定は
こちら!
phone

電話で
お問い合わせ

お電話の前にご確認ください。
以下の物件はお取り扱いできません。

  • 大津市・草津市・栗東市・守山市以外の物件
  • マンション
  • 店舗付き住宅
  • 土地(畑・山・竹林等)
  • 1981年以前に建築された物件

お問い合わせ窓口

077-509-9730

(営業時間:9:00 ~ 18:00   定休日:日・月曜日)

電話をかける