不動産買取で高く売るコツを紹介!避けるべき行動や買取業者の選び方を解説

不動産買取は短期間で物件の売却ができる方法として注目が集まっています。

買取業者が不動産を買い取るため、不動産仲介のように買主を探す必要がありません。

ただし、不動産仲介よりも物件の売却額が低くなる傾向があります。

この記事では不動産買取で高く売るコツを紹介していくので、物件をできるだけ高値で売却したいと考えている方はぜひ参考にしてください。

不動産買取で高く売るコツ3選

不動産買取を利用して物件を高く売るコツはこの3点です。

・複数社に査定を依頼する
・市場価格を把握しておく
・信頼できる買取業者を選ぶ

一つずつ解説していきます。

不動産買取で高く売るコツ1.複数社に査定を依頼する

売却したい物件は複数社に査定を依頼するとよいでしょう。

査定額は買取業者によって異なります。業者によっては戸建てのリフォーム・リノベーションが得意な業者と区分マンションが得意な業者など様々です。

納得できる価格で売却するためにも、査定額の比較は重要です。

さらに価格交渉をするにしても、比較する材料がなければ具体的な話はできません。

思い入れのある大切な物件を売るためにも、高く評価してくれる買取業者に売却することをおすすめします。

不動産買取で高く売るコツ2.市場価格を把握しておく

市場価格を知っておけば、提示された査定額が妥当かどうかが判断しやすくなります。

不動産買取相場を調べる方法はこちらの3つの方法があります。

・レインズマーケットインフォメーション
・土地総合情報システム
・不動産買取会社に無料査定を依頼をする

どの方法も無料で利用できるので、ぜひ活用してください。

調べ方のポイントとしては、

・立地が近しいこと(物件から半径1km以内が理想)
・築年数が同年代であること(±5年以内が理想)
・リフォーム・リノベーション前であること(工事後だと工事金額と買取業者の利益が乗っているため適切な売却価格が見えづらいため)

但し、実際の成約金額は売却希望金額の-5%〜-10%で成約していることが多いため、その点も配慮する必要があります。

不動産の買取相場については下記の記事で詳しく解説しています。

不動産買取相場は仲介の市場価格の6割から8割!相場を調べる方法や高く買取してもらうポイントを解説

不動産買取で高く売るコツ3.信頼できる買取業者を選ぶ

売主のことを考えず、自社の利益を優先する買取業者が存在します。

不動産買取は依頼する買取業者によって査定額はもちろん、対応も異なります。

公式サイトなどを確認して、信頼できる買取業者を選ぶようにしてください。

不動産買取で避けるべき行動2選

不動産を納得できる価格やタイミングで売却することはむずかしいものです。

物件を売却したあと、「あのときは○○しておけばよかった」と、自らの行動を後悔することもあるでしょう。

不動産買取で後悔しないために避けるべき行動は下記の2点です。

・買取業者の言いなりになってしまう
・適切な価格で売却しない

順番に解説していきます。

不動産買取で避けるべき行動1.買取業者の言いなりになってしまう

自らの希望を伝えずに買取業者に主導権を握られたままでいると、市場価格よりも低い価格で買取されてしまう可能性があります。

不動産の売却は人生で何度もおこなうものではありません。

中には「知識のない自分が意見してよいものだろうか」と躊躇する方もいるでしょう。

しかし、自分の意見や要望があったとしても、買取業者に伝えなければ希望通りになることはありません。

希望額や分からないことなどがあれば、買取業者の担当者に伝え、納得ができるように行動することをおすすめします。

不動産買取で避けるべき行動2.適切な価格で売却しない

提示された査定額が思ったより高かったものの「もしかしたらもっと高く売れるかもしれない」と売却しなかった結果、売却額が下がってしまうケースが考えられます。

査定額が想定よりも高ければ、もっと高く売れるだろうと考えることは自然です。

しかし、必ずしも提示された査定額以上の価格で売却できるとは限りません。

納得ができる査定額を提示されたときは、売買契約の締結を考えた方がよいでしょう。

買取業者の選び方2選

不動産買取は買取業者選びが重要です。

先述したように、査定額は買取業者によって異なります。

満足できる不動産売却ができるように、適切な選び方で買取業者を選定してください。

買取業者の選び方は下記の2つのポイントをチェックしてください。

・会社の規模をチェックする
・丁寧な対応をしてくれる

買取業者の選び方1.会社の規模をチェックする

会社の規模が大きければ資本力の大きさが期待できます。

資本力があれば物件を高く買い取れる可能性が高くなります。

会社の規模は買取業者の公式サイトにある『会社概要』などで確認するとよいでしょう。

買取業者の選び方2.丁寧な対応をしてくれる

買取業者の対応も重要です。

こちらの希望を伝えたとき、適当な対応をされたのであれば今後の付き合いに不安を感じてしまいます。

買取業者は最終的に販売を行うので、その際の対応が販売価格に影響することを考えると、丁寧な対応をする業者が高く買い取ってくれることにも繋がるのです。

これらを踏まえて、丁寧な対応をしてくれる買取業者を選ぶことをおすすめします。

不動産買取のメリット

不動産買取には下記のメリットがあります。

・売却にかかる期間が短い
・契約不適合責任が免除される
・仲介手数料がかからない
・内覧の対応は不要
・近所に知られずに売却できる
・売却後の資金計画を立てやすい
・築古物件も売却できる

不動産買取のデメリット

不動産買取のデメリットはこちらです。

・不動産仲介よりも売却価格が低くなる
・不動産買取会社が少ない

不動産買取のメリットとデメリットはこちらの記事を参考にしてください。

不動産買取のメリット・デメリットは?買取に向いている不動産の特徴を解説

不動産買取に向いている事例

不動産買取に向いている事例はこちらです。

・早期に売却をしたい事情がある
・不動産仲介では買い手がつかなかった
・残置物が多く、処理が面倒
・売却後のトラブルを避けたい

一つでも当てはまるのであれば、不動産買取の検討をおすすめします。

まとめ

不動産買取で高く売るコツは複数社に査定を依頼する、市場価格を把握しておくなどです。

また、不動産買取で避けるべき行動は買取業者の言いなりになってしまう、適切な価格で売却しないなどがあげられます。

物件の売却を成功させるには、信頼できる買取業者に出会うことが重要です。

この記事で解説した内容をもとに、不動産買取を依頼してみてはいかがでしょうか。

不動産買取をご検討であれば、このびにおまかせください。

このびは『株式会社JR西日本イノベーションズ』が運営する不動産の買取再販サービスです。

不動産買取に関するご相談を受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

本記事の監修

戸建買取再販事業部 事業部長福田岳司

JR西日本に入社後、大阪駅での駅員を経て百貨店に出向し商売の基本と接客を学ぶ。その後三ノ宮駅の駅ビル開発計画推進を通じて不動産とまちづくりに従事。一度は海外で働きたいという想いからシンガポールに赴任。東南アジア各国で外国人向けJR西日本パスの販売を促進。現地法に基づく組織運営を学ぶ。帰国後はJR西日本イノベーションズ(現在)にて香港企業への出資や新規事業創出を担当。新規事業の第1号案件である「このび」を立上げたうえで事業統括・推進。自分も中古住宅をリノベーションした家に住む。「このび」を通じてお客様に豊かな生活をコスパ良く提供したいと考えている。子育て真っ盛りの2児の父。趣味は演劇。

簡易査定は
こちら!
phone

電話で
お問い合わせ

お電話の前にご確認ください。
以下の物件はお取り扱いできません。

  • 大津市・草津市・栗東市・守山市以外の物件
  • マンション
  • 店舗付き住宅
  • 土地(畑・山・竹林等)
  • 1981年以前に建築された物件

お問い合わせ窓口

077-509-9730

(営業時間:9:00 ~ 18:00   定休日:日・月曜日)

電話をかける